読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おでかけ

週末になると、ふらっと何処かへでかけています。


小学生の息子が作った
LINEスタンプ


スポンサードリンク

横浜で遊ぶ 臨港パークでケバブを食べる


スポンサードリンク

こんにちは。

昨日の続きで、臨港パークの事を書きます。

臨港パークは、横浜の海が見え、その解放感がたまりません。

f:id:hachi555:20170310065318j:plain

臨港パークインターコンチネンタルホテルの方に歩いて行く途中に、出店が何件か出ていました。

サーカスから出て来て13時をまわっていたので、お腹は物凄く空いていました。しかし、臨港パークに行けば出店がある事を知っていたので、そこで食べ歩きをしたいと思い、途中に食べ物やさんがあっても我慢して食べないでいました。

実は、何故か1か月前くらいから、ケバブが食べたくて仕方なく、ケバブ屋さんがあったら、真っ先に向かう‼️と、おもっていました。

 

出店の中に、ケバブ屋さんが有るじゃないですか。

 

ケバブとは、イランやトルコなど、中東周辺で、肉をローストして調理する食べ物です。

写真の真ん中より少し左に肉のかたまり(鶏肉)がありますが、それをそぎ落として、それと野菜に特性ソースをかけて、ナンのようなパンに挟んで食べます。

僕がケバブを最初に食べたのは秋葉原で、その美味しさに、秋葉原に行く度にお店に寄っていたものです。この肉のかたまりが珍しく、食べてみたいのですが、何度か店の前を行き来して思い切って食べてみたものです。

最後にケバブを食べたのは、昨年、横浜動物園ズーラシアに行った時です。そこでも、屋台の出店で美味しく食べました。

f:id:hachi555:20170310070206j:plain

イランから20年前に来たという店主は、「味には自信があるよ。」と、言っていました。

日本語上手です。

僕は、「どれどれ⁉自信があるというのなら、きっと美味しいんだろうな。」と期待をこめながら、そのケバブを食べてみました。

これは美味い‼️そして、ボリューム満点!

ケバブ。良いですね〜

値段も500円とリーズナブルです。

おなかいっぱいです。

店主は、普段は、会社員なんだそうです。

「平日もケバブ屋さんをやりたいけど、平日は、臨港パークに人が来ないからねー」と、言っていました。

 

ケバブ、また、食べたいですね。

 

今日も読んで頂いてありがとうございます😊


スポンサードリンク